働き方改革のゴール設定

サンセットフォトグラファー

​働き方改革で生産性向上を検討している企業や組織において、働き方改革を経てどのような将来像を描いているのか、というプロジェクトのゴールを設定することが何よりも重要です。

まずは会社、組織、従業員個人それぞれにとってのゴールを明確にしましょう。

パワートレインでは、働き方改革プロジェクトに取り組んだ後のゴールイメージ明確化(ビジョン)、プロジェクト推進体制の構築、全体方針の決定、導入のロードマップ作成など、プロジェクトのゴール設定を支援いたします。

企業が働き方改革に取り組む目的は一つではなく、複数の目的を持ちます。

その目的の代表例は、たとえばリモートワーク/テレワークの導入であったり、業務の流れをデザインしなおした生産性の向上であり、人材の確保・リテンション、事業継続(BCP)、コストダウンなど、企業により様々な取り組みを行っています。

私たちパワートレインは、様々な企業の導入目的に合わせたコンサルティングサービスを提供しています。