• kenichi mori

Office 365の名称がMicrosoft 365に変更されます!(2020年4月21日より)

最終更新: 5月21日

ご好評を頂いておりますOffice 365(マイクロソフト社の提供するクラウドサービス)につきまして、商品名の変更がありました!

マイクロソフト社のページでもアナウンスされていますね。では、名称変更の詳細について見ていきましょう。


■Microsoft社の主な目的

・製品メッセージを Microsoft 365 ブランドに統一

・製品名の簡素化

現在はOffice 365Microsoft 365という同じ「365」という名称を使ったブランドが存在しており、ユーザーから見ると「どっちも365だけど何が違うの?」という印象がありましたよね。製品メッセージの統一という目的は確かに理解できます。


■変更期日

2020年4月21日から

■名称変更対象サービス(主なサービス)

● Office 365 Business Essentials →  Microsoft 365 Business Basic

● Office 365 Business Premium → Microsoft 365 Business Standard

● Office 365 Business → Microsoft 365 Apps for business

● Office 365 ProPlus → Microsoft 365 Apps for enterprise

● Microsoft 365 Business → Microsoft 365 Business Premium


このように、Office 365からMicrosoft 365にブランドが統一されるとともに、サービス名称にも変更があります。

EssentialsがBasicに、Business PremiumがBusiness Standardに、Microsoft 365 BusinessがBusiness Premiumに、それぞれ変更されます。


同じBusiness Premiumという名称が残りますが、中身はMicrosoft 365 Businessなので全く内容が異なりますので注意が必要ですね!

そして注目なのが、BusinessやProPlusといったOfficeアプリケーションのサービスが、 Apps for business、Apps for enterpriseという名称に変更される点です。 Business、ProPlusという名称からサービスの中身が想像しにくかった点もありましたが、新名称によって「このサービスではOfficeアプリケーション(Apps)を主に提供しています」というのが分かりやすくなりましたね。

馴染み深い名称が変更になりますが、機能が変わるということはありませんので利用中のサービスに変化はありません。ご心配なく。


マイクロソフト社から追加情報等がありましたら、このブログでご報告しますね!

94回の閲覧

© 2019 POWER TRAIN All rights reserved.

  • Black Facebook Icon